読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

安倍政権支持が51%だとさ【読売の世論調査】

11月6~8日に新聞各社が世論調査を実施。
安倍政権の支持率で読売と朝日のポイント差が大きいとニュースになっています。御用新聞である読売の数字なんてものが信用に値するかどうか言わずもがなですけれど。読売の支持する51%と朝日の40%と11ポイントもの差があるようです。
以下引用します。

 

 

irorio.jp

 

【読売新聞】11月6~8に調査、人数などは不明
安倍内閣を支持する:51%(前回の10月7、8日調査では46%)
支持しない:38%(同45%)

日韓首脳会談の開催を評価する:76%
評価しない:不明

日韓関係が改善する:40%
改善しない:46%

沖縄米軍基地移設で安倍内閣の方針を評価する:43%
評価しない:43%

朝日新聞11月7、8日に電話調査。3787件中有効効回答数は1849人。
安倍内閣を支持する:40%(前回の10月17、18日調査では41%)
支持しない:41%(同40%)

日韓首脳会談の開催を評価する:75%
評価しない:12%

日韓首脳会談の慰安婦問題の早期妥結について評価する:56%
評価しない:24%

日韓関係改善について安倍首相に期待できる:36%
期待できない:42%

沖縄米軍基地の埋め立て工事の開始を評価する:33%
評価しない:49%

辺野古基地移設に反対する翁長知事を評価する:53%
評価しない:30%

支持率の結果は両紙で大きく異なった。

前回調査日のずれがあるとしても、読売新聞は明確に支持が不支持を上回った。朝日新聞は不支持がわずかに上回っている点と、前回から変動が少ない点が特徴だ。

朝日新聞は、ネットサイトに調査項目を全て明らかにしており「安倍内閣を支持しますか。支持しませんか」と尋ねたようだ。読売新聞は、独特な尋ね方だったのだろうか。

 

引用元の記事に「読売新聞は、独特な尋ね方だったのだろうか。」と辛辣な皮肉を書かれる始末(笑)


で、読売の支持率が上がった原因が「日韓会談を評価する、日韓関係改善を期待する」というもので、これは朝日とも同じ傾向だけど支持率に現れる結果、数字の反映が大きく食い違う。

 

日韓会談の開催を評価する、と言うのは勿論だし、歓迎すべきところです。特段、批判する理由もありません。
けれども、安倍晋三が政権を担ってから今までこのような会談が行われなかった、というのが異常なわけでして。なにも諸手を挙げて喜ぶと言うほどのもんではないでしょう。安倍政権憲法違反の戦争法をゴリ押しした後の国民のガス抜き、或いはアリバイ作り。もしくはただのポーズ・セレモニーだと思うくらいでちょうどいいと思うのですが。

私が購読している「Everyone says I love you」というブログがあるのですが、authorの宮武氏は弁護士としての豊富な知識や着眼点など、いつも一読者として非常に勉強になりブログ記事でも参考にさせて貰うこともあり、ユーモアセンスも類稀なる方で毎日拝見しているブログです。

その11月1日の記事をリンクします。

 

日中韓首脳会談実現を歓迎する!誰が何と言おうが、文句なしに素晴らしい!! - Everyone says I love you !

 

「内政問題に目を向けさせないように、外の危機を演出するよりも、協調を打ち出す方が1万倍素晴らしいと思います。」

 

ブログ主さんが「素晴らしい!!」と、そう思うことは自由ですし、私なんかの弱小ブログの管理人がどうのこうのと言う問題でもありません。
けれども、毎日のように社会ネタブログを更新する政治リテラシーの高い方でもこうなるんだなあ、といささか残念に思うのです。ましてや多くの一般の人はそう思っても致し方がない、と理解するんですが。まあ、かなりラテンの血が濃い、とご本人も仰ってますから。

 

結果、こうしてゴミウリ(言っちゃったw)みたいな御用新聞が、調子こきやがった世論調査を発表しても、まあ仕方ないか日韓会談したしなぁ、みたいな流れになるんではないかと危惧しますね。