現職自衛官幹部による政治家罵倒の件

www.asahi.com

憂慮すべき事態、などと悠長に構えていられない事案がありました。

 

 民進党の小西洋之参院議員が17日、現職自衛官を名乗る男性から「お前は国民の敵だ」と繰り返しののしられたと、参院外交防衛委員会で明らかにした。

中略

小西氏によると、16日午後9時ごろ、国会前の路上を歩いていた際、現職自衛官と名乗る男性から「お前は国民の敵だ」とののしられた。男性は、近くにいた複数の警察官が駆け付けた後も同様の発言を繰り返し、小西氏が防衛省に連絡すると告げても発言をやめなかったが、最終的には発言を撤回し、謝罪したという。

 下記は、はてなのブックマークコメントを引用させていただきます。
(私のブコメも入ってます)

 

「お前は国民の敵だ」現職自衛官が民進・小西氏に暴言か:朝日新聞デジタル

野党支持者は守るべき国民ではなく敵という考え方の自衛官がたくさんいるのだとしたらイヤだな

2018/04/17 13:07

「お前は国民の敵だ」現職自衛官が民進・小西氏に暴言か:朝日新聞デジタル

即座に処罰した上で、所管大臣も更迭されるレベルの不祥事。「文民統制」どころか、近い将来、民進党が政権に参加した場合はクーデターの懸念すら生ずるよ// 見直したら「幹部自衛官」だとさ。もう終わりすぎだろ…

2018/04/17 12:35

「お前は国民の敵だ」現職自衛官が民進・小西氏に暴言か:朝日新聞デジタル

事実なら、自衛官によるテロの可能性も今後考えないとまずい。

2018/04/17 13:19

「お前は国民の敵だ」現職自衛官が民進・小西氏に暴言か:朝日新聞デジタル

ネトウヨ自衛隊に入り込んでるし。/マジで恐ろしいね。こういう輩の暴発から軍事政権が始まるわけで。

2018/04/17 12:51

「お前は国民の敵だ」現職自衛官が民進・小西氏に暴言か:朝日新聞デジタル

ブコメで「言われても仕方がない。よくやった」みたいな擁護している連中がいるのを見て、こういう連中に政権が支持されているんだな、と思うとあまりにもカルト&危険思想すぎて気持ち悪くなった。

2018/04/17 16:24

「言われる方が悪い」「「当たり前」などと、右から擁護する本邦のこの今の空気が本当に気持ちが悪い。

 

これを貼り付けます。

 

ニーメラーの警句

ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は共産主義者ではなかったから

社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった
私は社会民主主義ではなかったから

彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
私は労働組合員ではなかったから

そして、彼らが私を攻撃したとき
私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

【トンデモ財務省】不祥事が噴き上がるなか 社会保障費削減を提言する財務省の厚顔極まる


モリトモ問題では妻の安倍昭恵氏が名誉校長を務めた学園の開学に関しての土地取得での便宜供与疑惑。
「首相案件」であるカケ問題では夫の安倍晋三の親友である加計孝太郎氏経営の大学設置に今治市の所有する36億円もの土地をタダで譲渡する(その上に100億円以上の補助金付き)トンデモ。


よく考えると(考えなくてもそうだが)、この夫婦が行ってきた所業は国有地だとか、自治体所有の国民の財産である土地を格安、あるいは無償で自分たちの友人や思想信条に共鳴する人に分け与えるという、つまり不当な不動産ブローカーみたいなものです。

 

その権力者夫妻の便宜供与実践のために、各省庁・官僚を巻き込んで、都合の悪い文書の改ざん隠ぺい、嘘に嘘を重ね、とことん抜き差しならないところまで来ているのに、安倍総理は大阪での記者会見で「徹底的に調査して全容を明らかにし、うみを出し切って、皆さまの信頼を得るために立て直していきたい。そのために全力を尽くしていきたい」と、こう述べたと言いますから、フツーのまともな神経では太刀打ちできない。

自分がこの問題の根源である、という認識をどこか他人事として脳内で処理しているのか、あくまでテメエの正当性を主張するに至っては、カウンセリングを受けさせて、その自己欺瞞の檻から解放してあげなきゃいけないレベルではないか、とすら思ったりするのです。

 

前フリが長くなってしまった。

 

ともあれ

 

厚顔と傲慢をミキサーにかけてグツグツと三日三晩煮込んだような、どろどろ状態の醜悪にして腐臭(そういや、アソタロ大臣が、踏襲をフシュウと言ったのでそれを踏襲してんでしょうねw)を放つ財務省は「胸触っていい?手縛っていい?」などと、その上にセクハラ・どスケベ事務次官をトッピングしている証左として、国民生活に直結する社会保障の削減提案をしてやがるわけです。

 

https://this.kiji.is/356793390278542433

財務省は11日に開いた財政制度等審議会の分科会で、社会保障の改革案を提示した。地域の実情に応じて都道府県がそれぞれ医療費を引き下げることや、厚生年金の支給を始める年齢を68歳に引き上げることが柱。高齢化によって財政支出が膨らむのを抑制する狙い。政府が6月に策定する新たな財政健全化計画に盛り込みたい考えだ。

厚生年金の支給開始年齢は、2025年にかけて60歳から65歳へと段階的に引き上げられている。財務省は、欧米の主要国が67、68歳としている現状を踏まえ、日本でも68歳まで一段と引き上げることを提案した。

 年金は支給年齢を68歳まで引き上げる、などとぬかし。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180411/k10011399291000.html

軽いかぜは患者の自己負担上乗せ 医療費など抑制へ提案

先進国で最悪の水準の日本の財政を立て直すため、財務省は、医療費や介護費の膨張を抑える制度の見直し案をまとめました。軽いかぜなどで診察を受ける場合は、患者の自己負担を上乗せするよう提案しています。

見直し案は、11日開かれた財務省の審議会で示されました。

このうち医療の分野では、患者が病院などの窓口で支払う自己負担について、軽いかぜなど少額の外来受診の場合は、負担を上乗せするよう提案しました。

軽い風邪などは患者の自己負担を引き上げる、などと喚き散らすのです。


先進国で最悪の水準の日本の財政を立て直すためと言いますから、この権力者が行政とつるんで悪行三昧の国が先進国だとは、へそが茶を沸かして水分が蒸発するくらいはらわたが煮えくり返る。
不祥事が噴き上がっている今のこの時点でオメエらは少しばかり大人しくしておくという、殊勝な心掛けは持ち合わせていないのか。

 

こんな行政府を未だに支持したり擁護する神経はその担ぐお神輿である安倍晋三の認知と相似形で歪んでいるとしか思えませんわな。

 

タイガース話・対読売三連戦 雑感みたいな

 

 

www.sanspo.com

 プロ野球の2018年シーズンが開幕いたしました。
そこで久しぶりですがタイガース話などを少しばかり。

 

開幕は読売との三連戦。
第一戦は菅野ーメッセンジャーという両エースの対決。
私など90%の確率で負けを覚悟していましたが、あにはからんや
なんとなんと、菅野から先発野手全員安打のおまけ付きの(5-1)の勝利ですわ。


こんなん嘘やろ、と思っていたところ、第二戦では金本監督自身も認める先発藤浪を引っ張りすぎてしまい、継投ミスともいえる内容で(4-8)のダブルスコアで敗戦となりました。私など屈折したファンとしてはそれが妙な安心感となり、さあ、いざ第三戦。

 

2点リードで迎えた4回の裏に、好投タイガース秋山から読売のプロスペクト岡本の逆転3ランでひっくり返され、そのまま(2-3)の敗戦となりました。
私はTV観戦も出来なかったのですが、岡本の本塁打が出る前にセンターの高山のまずい守備がその伏線となり、指揮官(大嫌いな呼称や)は怒り心頭だったようです。

 

力負け、ではなかった。悔やまれたのはロサリオの一発で2点リードに広げた直後の四回裏。高山の守備だ。無死一塁からゲレーロの中堅左を襲った鋭いライナーに追い付き、グラブを差し出したまでは良かったが…捕球できずにまさかの落球。1死一塁となるはずが無死二、三塁となり、1死を挟んで岡本に逆転3ランを浴びた。 「自分の範囲ですからね、やっぱりもう…何年…去年もおととしもノーバウンドでね、何回落としたかという。自分の範囲のノーバウンドは捕らないと、責任を持って。ピッチャーがかわいそう」

 

細かいニュアンスまでは不明だし、高山だけを指弾していないのかもしれませんが、けれどもマスメディアに対して、怒りに任せてこういう物言いをするのは如何なものか、と思う。

ついさっき起こったばかりのプレーで、今日の敗戦の責めを自覚しているであろう選手にとっては、 非常にセンシティブだし辛いばかりです。何も高山を擁護するつもりはないけれど、監督がメディアに感情のまま語るというのがおかしい、と思う。

この人はリップサービスという面が強いのだろうが、マスコミに対して余計なことを言いすぎるきらいがある、と前から思っていました。


以下は昨年、原口が捕手に再挑戦した時の記事です。

 

 

金本監督はキャンプ後も「まあ、どうしてもやりたいって言うからね。そういう自分の生きる道を考えてきたけど、『まあ、チャレンジするならチャレンジしなさいということで』と静観の構えを崩さなかった。

 

 そもそも、2017年の開幕前、ファーストを予定していた新外国人のキャンベルが手首の腱鞘炎にかかりそれも叶わず。
白羽の矢を立てた、打撃に期待できる原口をファーストにコンバートしたのは、オメエじゃねえかよ!!、とつい言葉も荒くなるくらい、むかっ腹が立つ。
なに俺関係ないし、みたいなこと抜かしてんねん、レベルの物言い。

 

まあね、原口自身も5月ごろからファーストを中谷と競わせる、とぬかす段階で「チーム事情が許すようになれば僕は捕手に戻ります!」と言質を取っておけば、こんなひどい扱いを受けなくても済んだのかもしれませんが、彼もまだ若くて実績にも乏しいし、監督に見出してもらった恩義、みたいなものもあるでしょうから仕方がないですけれど。

以降、私としてはこの監督さんは信頼できない、と思うようになりました。

 

ですから、今回の高山の一件でも、怒りをぐっと抑えて翌日に高山を個人的に呼び出して注意喚起をするべきで、これから再度あった場合はそれなりの対応するぞ、と示唆するのもプロの厳しさではないのか、と思う次第です。こんなのは、リーダーとして当然の度量ではないのか、とも思うけれど。選手には厳しい競争を課しているくせに、自分は指導者としての素養も勉強していないのかよ、と。

まあ、私としては今回の対読売三連戦、おおむね予想通りの1勝2敗でして。想定内ということですから良いんですがね。


2018年シーズンはチームとして勝っては嬉しいけれども、あまり勝利を重ねてしまい。「アカン優勝してまう」で、金本監督の長期政権が続くのは、どこか嫌だなぁ、と思う今日この頃でして。
基本、今年のタイガースは生暖かく見守る所存です。

 

(追記)
野球の技術的なことはプロに対して言うことはないけども、こと人間としての在り方みたいなものはプロ野球選手だろうが関係ない。
チームマネジメントや選手のモチベートの上げ方など、この監督はできない(と断言する)
だって、もう三年目です。

 

埋もれている選手の発掘は上手いし、見る目はある(特に投手)とは思うが、スラッガーだったくせに、肝心のバッターの育成が下手で困ったもの。

 

良い時は持ち上げるだけ持ち上げて、調子を落とせば歯牙にもかけない。

いくら競争の激しいプロ世界と言えども、まるでおもちゃに飽きたがごとく、とっかえひっかえするようにしか見えまへんな。

 

報道機関の世論調査と称するものをあまり信用しないわけ

 国民の財産である国有地を、戦前教育思想の学校経営者が、その学園の名誉校長を務めた教育方針を「感涙するほど」共鳴した首相夫人と、その背後にいる首相本人の影響力をちらつかせ、格安で売り払うように財務省に迫った事案は、さらに公文書改ざんを強制させられた公務員が自死するという悲劇が起こってしまい「法治国家」が聞いて、裸足で逃げ出す酷い事件が現在進行中です。

 そんな折、各報道機関が安倍政権の支持率を調査しています。

内閣支持率39%=不支持5か月ぶり逆転

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018031600837&g=pol

時事通信が9~12日に実施した3月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比9.4ポイント減の39.3%と急落した。不支持率は8.5ポイント増の40.4%だった。支持が3割台だったのも、不支持が支持を上回ったのも、昨年10月以来5カ月ぶり。学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書改ざん問題が政権への打撃となったとみられる。

内閣支持率を年代別に見ると、10~40代で支持が不支持より高い一方、50代以上では不支持が軒並み上回り、高齢層での「安倍離れ」が目立った。男女別では、男性が支持42.1%、不支持40.7%、女性は支持36.3%、不支持40.2%だった。
 ◇「信頼できない」急増
 内閣を支持する理由(複数回答)は多い順に「他に適当な人がいない」19.4%、「首相を信頼する」8.8%、「リーダーシップがある」8.3%。一方、支持しない理由は、「首相を信頼できない」が8.8ポイント増の25.2%と最多で、「期待が持てない」17.3%、「政策が駄目」14.1%などが続いた。

 

まあ、こんな状態でもいまだ39%も支持する人間がいるんだ、と呆れるばかりです。次に、その前のNHKの世論調査では。

NHK世論調査 内閣支持率44% 不支持38%

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180312/k10011361931000.html

NHKの世論調査によりますと、安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって44%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は、4ポイント上がって38%でした。

(中略)

NHKは、今月9日から3日間、全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。

調査の対象となったのは2100人で、58%に当たる1208人から回答を得ました。

 

NHKは3/9で、時事通信が3/9~12に実施ということで、その間の騒動の流れから、支持率は後者の方が下がっています。
NHKは調査の対象数や有効回答数などを記載していて、まあ、真面目な記述となっています。

 

ところが杜撰を画に描いたような調査が次のこれです。

安倍内閣支持率、下落し48%…読売世論調査

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180311-OYT1T50085.html

読売新聞社が9~11日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は48%となり、前回調査(2月10~11日)の54%から6ポイント下落した。昨年10月の衆院選後初めて5割を下回った。不支持は42%(前回36%)だった。

 

以上、読売の場合はこれが全ての記述です。

NHKみたいに「全国の18歳以上の男女を対象にコンピューターで無作為に発生させた固定電話と携帯電話の番号に電話をかける「RDD」という方法で世論調査を行いました。」という調査方法を示すわけでもなくて支持率は支持率は48%となり、前回調査(2月10~11日)の54%から6ポイント下落した。」

 

なんだこれ?
しかも、他社よりも圧倒的に支持率が高い。
だから盛ってんじゃねえのか、とかやっぱりゴミウリだわ、と言われても仕方がないのですね。

かなり前の話ですが、民主党政権時代の2010年6月、読売新聞の世論調査で私はかなり脱力したことがありました。
以下でコピペいたします。

 

http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/2010/news1/20100618-OYT1T01313.htm?from=main3

読売新聞社早稲田大学が12〜13日に共同実施した面接方式の全国世論調査で、民主党に「期待している」と答えた人は63%となり、鳩山前内閣当時の前回調査(3月27〜28日実施)の46%から大幅に上昇した。

 民主に政権担当能力が「ある」との答えも60%(前回46%)に回復した。

 昨年衆院選での政権交代については「良かった」が73%に上った。自民党からの政権交代は依然として好意的に受け止められ、菅首相への交代を機に、民主への評価を再び高めたと言えそうだ。参院選後も民主中心の政権が続いてほしいと思う人は56%で、「そうは思わない」34%を上回った。

 ただ、民主に「失望している」は67%で、前回69%と同水準だった。鳩山前内閣の「失政」が影響したようだ。政権交代によって日本の政治は「良くなった」は47%だったが、「悪くなった」も34%となった。

 

この大文字赤色で示した、相反する質問内容の回答結果です。

 

「民主に期待している人が63%」

「失望している人が67%」

 

舐めてんのか、という数字ですね。
おまえらどんな質問の仕方やねん、と思いませんか?※

ですから私は、特にゴミウリの世論調査は全く信用していない、ということです。

 

追記:※例えば、民主党支持以外の人に聞いたところ「失望している67%」なら、まだわかるがそんな記述、表記もありませんね。だから杜撰だし、ふざけているし、信用ならない、というわけです。

 

どう見ても「私や私の妻の関与」は明らか。財務省に責任押し付けて終わり、で済まそうと思うなよ

this.kiji.is

これが出たのが3月11日。
その後、安倍晋三首相、麻生財務大臣も事実を認めたうえで、二度とこのようなことが無いように全力を挙げたい、と言う始末。

アンタらは当事者であり、最高責任者なんだから再発防止策は後任に任せて、さっさと退場してくれよ。そして頼りないけど司直の手に委ねて欲しい。
ところでここにきて自民党内からは財務省に全責任をおっかぶせて頬かむりをしようと、姑息な戦線を敷きだしまして。

財務省がこれをやってはおしまい…片山さつき

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180312-OYT1T50094.html

 

財務省がすべての責任、などとと矮小化に余念がありません。


ところが当の財務官僚は「親分の奥さん、部下は守る」なんて、任侠道まっしぐらで、反社ワールド全開。

財務官僚「親分の奥さん、部下は守る」改ざんの背景は
朝日新聞デジタル

https://www.asahi.com/articles/ASL3D552CL3DULFA01C.html

「最強官庁」と呼ばれた財務省だが、森友学園との国有地取引をめぐり、公文書を改ざんする不正に手を染めていた。信頼を失墜する行為に、省内でも動揺が広がっている。国民の不信の目が霞が関全体、ひいては政権全体に広がるのは確実だ。

(中略

前代未聞の不祥事は、なぜ起きたのか。

 「安倍政権が追及されるのを一生懸命防いでいるという意識が強かったと思う。総理は親分。親分の奥さんが関わっていれば部下は守る」。ある財務官僚は、その背景に首相夫人への「忖度(そんたく)」があったとみる。実際、改ざん後の文書では、国会でたびたび追及された安倍晋三首相の妻昭恵氏の名前や、複数の政治家の名前が削られていた。

f:id:hatehenseifu:20180313172241p:plain

 

ねえ。
これですから。

これが籠池との交渉の際、官僚に提出された写真かな?
どう見ても仲良さげだし、関与丸出しね。

てことで。

 

 

 

これだけ大見え切ってるわけだし、まさかこれもウソでした~てなことないよね?ええ加減にせえよぼけ。

生産性が低いのは企業が労働者を使い捨てにするという側面も大きいんじゃねえの

 

www.tokyo-np.co.jp

 有期雇用で働く人が、無期雇用への転換を求めることができる「無期転換ルール」が四月から本格的に始まるのを前に、企業から契約を打ち切られる「雇い止め」が多発している。労働組合などに突然職を失った人たちからの相談が相次いでおり、問題は深刻化している。 (木谷孝洋)

 「年末に突然、『次は更新しない』と言われた」

 「十二年間働いたのに、能力不足を理由に雇い止めになった」

 有期契約や派遣で働く人たちが加入する全国ユニオン(本部・東京)には昨年九~十二月、雇い止めに関する相談が三十二件寄せられ、前年同期の三倍に達した。連合にも昨年十二月、前年同期より十件近く多い百一件の相談があった。厚生労働省の調査でも増加しており、担当者は「四月に向け、さらに増える可能性がある」と話す。

 背景にある無期転換ルールは、有期雇用の労働者が通算五年を超えて契約を結ぶと、雇い主に無期雇用への転換を申し込める制度。企業側は拒否できない。雇用の安定化を目的に、二〇一二年に成立した改正労働契約法に盛り込まれた。

裁量労働制適用拡大や高プロも大問題だけど、非正規雇用者にとってはこちらも切実な問題です。

上記のように、この4月から有期雇用契約を無期へ転換することを求めることができるようになるわけですが、その改正労働契約法が施行される4月を前に契約を打ち切る「雇止め」が企業で横行しているそうです。

私の知人も某大手流通店舗に、派遣の形で6年以上勤めているのですが、この3月をもって契約打ち切りを宣告されたそうです。
派遣元の当初の言い分では、売り上げが芳しくないので、と当該店舗からの撤退を視野にという話をしていたそうですが、実は今後も店舗は存続するし、新規で派遣をも雇い入れることが判明したそうです。

企業の労務管理の方策として二つがありますが、経験も積み業務にも慣れた人材を解雇するのと、新たな人材を雇うリスクはどちらが大きいのかということです。後者の方がリスクが高いはずだと、私などは思うのですが企業のメンタリティは一介の労働者である当方には及びもつかないほどの、深淵なるものなのでしょうかね。

 

「低すぎる最低賃金」が日本の諸悪の根源だ | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

コストコの時給1500円に群がる人々を見れば一目瞭然でしょ。

2018/03/02 10:41

この記事は、日本国内の最低賃金の低さが、OECD加盟国の中で20位という労働生産性の低さとの相関性があると言っていて、私も大きく賛同しますが、もう一つ。こうして経験豊富な労働者を使い捨にする、こういうやり方にも大きな原因があるような気がして仕方がない。


ご存知のように、企業の通常メソッド以外に日常の仕事では手順や優先順位、それこそ本当の意味での個人の「裁量」で段取りを決めて、業務を遂行するという場面が多くなってきます。それと現場レベルでの慣れ、という面もないとは言えませんよね。

 無期雇用にして何が問題なのだろうか。
さらに、クーリングオフといって6か月間の契約空白を設ければそのルールが適用されない、という抜け道を使ってまで雇止めをする姑息さは理解不能ですわな。
有期雇用が期間の定めがない雇用になるというだけではないのかなあ、分からない。


結局のところ、企業側とすれば雇用の調整弁としていつまでもフリーハンドの姿勢を保っていたい、ということでしかないのでしょう。

 

女性専用車両のなにがどうした

headlines.yahoo.co.jp

上記にリンクしたような騒動があって、これ以降ネットでも女性専用車両を是か非か、と議論が沸騰しているようです。個人的には迷惑極まりない、としか思えないのだけども。
私は男で、自分のことを特段フェミニストだとも思わないが、女性が安心してラッシュ時の電車に乗れるんだしええやん、変なことを言う人がいるなあ、と言う感じ。

乗り込んだ連中の言い分としては、電鉄会社が勝手に設定した車両に男性が乗り込むことのどこがいけないのだ。そもそも任意であろう、法的拘束力もないし、同じ料金を支払っているにも拘わらず、それは男性に対する差別だ、そもそもラッシュ時の満員電車をなんとかしろだとか、痴漢対策として防犯カメラを設置しろだとか、あと男性専用車両を運行しろ、というのも散見される。

●ラッシュ時の混雑を緩和しろ

まず、電鉄会社だけではどうしようもない。
さらに連結車両を増やすにも駅のホームの長さに制限がある。
問題解消には社会全体が時差通勤に取り組むだとか、都会への一極集中を国や自治体が是正するだとか。そんなことって、一朝一夕で出来ないのは明白。

●痴漢対策に車内に防犯カメラを設置しろ

多少の抑止効果はあるかもしれないが、あれだけの満員車内ですべての部分をカメラでカバーするのはまず無理だし、仮に防犯カメラで痴漢行為を発見できたとしても、その後どうすんのかね、あのラッシュ時に。
それに、個人のプライバシーがー!という主張も当然発動しますし。

男性専用車両を運行しろ

これは少数意見のようです。これは唯一マシな主張ではありますね。
でも、おそらく女性専用車両は差別だという自分たちの意見の正当性を補完しようという意図を感じます。
男性専用車両の必要があるのだろうか。痴漢する男どもを隔離するという意味では有効かもしれないが、それだとそれでますます差別だー!と騒ぐ結果になんじゃないの?それに、そんな専用車両に男性がわざわざ好んで乗るのだろうか?そういう人も居るであろうことは想像に難くないけど。

個人的には、そんな専用車両に乗りたくありまへんな。

 

https://anond.hatelabo.jp/20180225105423

『せめて「差別ではあるよね」で合意できないのか』

上記のような匿名ブログがありまして。私も下記のようにコメントしました。

 

 

せめて「差別ではあるよね」で合意できないのか

なんで男側が差別されていると考えるのか、そこが俺には理解不能

2018/02/25 19:24

 

この匿名ブログの主は、「女性専用車両には 基本的に賛成しているが、これは差別であるという前提を共有できないなら、差別解消をするために強硬手段をとるのも正義だと見做さざるを得ない」という論旨です。
ちょっと筋の悪い、イエスバット法みたいな。

 

 女性専用車両男性差別なのか?

ま、同じではありませんわね。
でも、それは「区別」でしょう。それは言葉遊びなんかじゃなく、単に分けているのだと思う。差別と区別は似て非なるものです。
「差別」とは、あらゆる違いに対して一方の側がもう一方を低く見放し、不当に扱う行為だと認識しています。この問題で言えば、男性側が低く不当に扱われているのだろうか。女性専用車両があっても満員電車状態は同じだろうし、車内の環境はそう大きく変わることはない。


例えば障碍者用トイレの個室が大きく広く取ってあることを、健常者に対する差別だというのだろうか。車いすのまま入れるように、あれだけのスペースがあることは誰にでも判ります。

 

つまり「公平・平等」というものはそれぞれの違いを認め、そのうえでどう扱うのか、に係ってくるのではないのかな。